お知らせ



     子供は7歳までは神様からの授かりものと言われます。七五三参りは、この間の子供の成長を奉告・感謝し、これからの無事をお祈りする神社へのお参りです。
     3歳、5歳、7歳の折々の祝の儀は、昔より、それぞれ、3歳では「髪置の儀」といって、この日を境に髪を伸ばし、おかっぱを結髪に改めるお祝いとし、5歳では「袴着の儀」といって、初めて袴を着けるお祝いとし、冠をつけて碁盤の上に立つ風習もあります。7歳では「帯解(おびとき)の儀(ぎ)」といって、着物に縫い付けている紐を取り、大人と同じ帯に替えるお祝いとし、それぞれの節目を祝う儀式といえます。
     現代では、3歳の男女児、5歳の男児、7歳の女児が、両親はじめ家族そろって神社にお参りし、今までの成長を神様に感謝し、また、これからの無事を祈ります。 七五三は、徳川5代将軍綱吉公が、ことのほか体が弱かった息子・徳松の健康長寿を願って、袴儀の祝いを11月15日に行ったことが武家に広まりやがて庶民にも広またといわれています。いつの時代も子を思う親の気持ちは変わらないのです。
     
    天沼熊野神社ではお一人づつお祓い致しますので、出来ましたらご予約の電話をして頂ければありがたいです。

    天沼熊野神社社務所
    (毎日10時〜16時で、七五三参りを受け付けています。)
    Tel: 03-3220-7866
    Fax: 03-3220-7866
    E-mail: shamusho@amanumakumano.org

     

当社では、午前10時~午後4時までご祈祷をお受けいたしております。
事前にお電話、ホームページの「お申込み」フォームでご予約頂きますと、
お待たせすることなくご案内できます。
当社は、訳けあってご朱印は取り止めました。

天沼熊野神社社務所
Tel: 03-3220-7866
Fax: 03-3220-7866
E-mail: shamusho@amanumakumano.org